So-net無料ブログ作成
検索選択
前の2件 | -

取り付け不要!自宅の部屋、ホテルの補助カギにも役立つ カギの無いドアに内側からカギをかける かんたん在宅ロック [取付け不要でカギの無いドアをロック 画期的なカギ]

実家では、空き巣の被害に遭ってから、両親が寝る部屋にはカギが付いている。特に、2階の父の寝室は、廊下の突当りにあり、ドアノブの上下に丸棒ラッチの補助カギを取り付け、内側からカギを掛ければ、外からは開かない。

丸棒ラッチというのは、金属の棒をスライドして、ドアが開かないようにロックするもの。内側からみると、室内側に複数のカギは、物々しいのだが、一度、被害に遭うと、意識が全く違う。

空き巣は、大分、時間が経つものの、犯人が捕まったかどうかも分からず、警察からの連絡もない。家にあった大きなハサミが、外に投げ捨てられており、もし、出くわしていた刺されていた可能性もある。

家の中で、ドアに鍵を付けるというのは、トイレなどはあるにしても、それぞれの部屋にカギを付けるというのは、何かない限り、一般的には付いておらず。付けるとしても、ドアノブにカギがあるものになる。

ドアノブを鍵付きのものに交換したことがあり、ドアノブの内側と外側で挟み込んで取り付けられており、ドライバー1つでできるのだが、カタチが合うかどうかは、注意する必要がある。

一人暮らしなら、ドアにカギを付けるのも気兼ねなくできるのだが、これが、家族で一緒に住んでいる状態では、何か理由がない限り、取り付け難い雰囲気はある。

カギを付けたいが、付け難いというときに便利なカギがあり、それが、『かんたん在宅ロック』。これは、カギが付いていないドアに、内側からカギをかけるというもの。

何が凄いかというと、金具をねじ止めするなど取り付けが必要なく、その場ですぐに使え、扉の外側から、カギを掛けているのがも分からない。これがあれば、部屋にカギが付け難くても、カギをかけることができ、ホテルなどでも、スペアキーでも開かないため、安心感がある。

01.jpg

仕組みは、ドアノブを回すことで、出っ張りが出たり入ったりし、これが、ドアの外枠の穴に入ることで、閉まった状態になる。この穴の部分に、金属のプレートを挟み込み、ドアが開かないようにロックする。

02.jpg

これが使える条件として、ドアとドアの外枠のすき間が、2mm以上あること。そして、穴の部分のサイズが、ヨコ 1.3cm以上、タテ 2.4cm以上、深さが1cm以上あること。

これを付ければ、いくらドアノブを回しても、間に入った金属プレートとドアが、内側から完全に固定されているため、開きようがない。ドアに挟み込んで使うのだが、特に難しいことはなく、思ったよりもしっかり閉まる。

ホテルに泊まる際、以前から気になることがあり、客室のドアがカギで閉まるタイプで、ロビーを通過せずに、ホテルを出入りできるところがあり、これでは、ホテルがスペアキーを持っているのは当然だが、誰かが侵入してということも、無くもない。そんなときに、これで安心できる。

防犯以外にも、誰にも邪魔されたくないときなど、欲しいときにカギがかけられるというのは、画期的で、久しぶりに凄いと感じたアイディア商品。たいていのドアに使うことができ、持ち運びも問題なく、状況に応じて使える良さがある。

この『かんたん在宅ロック』は、カギがないドアに、内側からカギをかけるもので、外からカギをかけるためのものではない。

ドアの内側に付けるカギは、ドア枠との段差もあるため、簡単に取り付けられるものはなく、見た目にも違和感がある。その点、これは物々しくならず、必要なときにカギをかけられる便利さがある。

 


nice!(305) 
共通テーマ:日記・雑感

留守中も安心できる ネットワークカメラ 動体検知で通知、映像を見ながら音声通話 PLANEX カメラ一発! CS-W06NとCS-W50HDを比べると [ネットで観れる ネットワークカメラ・IPカメラ]

ネットワークカメラは、有線LANや無線LANに接続し、外出先からでも、ネットを通じて、カメラ映像が見れるのが大きな特徴。さらに、赤外線による暗視機能で暗闇でも見ることができ、さらに、音声通話が可能なものもある。

ネットワークにつなぐ機器の場合、ネットワーク関連の知識、設定に慣れていないと難しいところもあるのだが、それが、不慣れな人でも簡単にできるとして、知られているのが、PLANEXのカメラ一発!シリーズ。

他のネットワークカメラに比べ、やや高めではあるものの、そう極端に割高でもない。ネットワークカメラの価格は、動体検知機能は、だいたい付いているが、データの保存先が本体のSDカードでできるか、暗視機能があるか、音声通話ができるかで、価格が違う。

カメラ一発!シリーズでは、屋外向けの『CS-W80HD』以外は、これを満たしている。『CS-W80HD』は、屋外に設置する防犯カメラがベースなため、音声は聞き取れるものの、カメラ側から音声を発することはなく、使う状況として、不要ということかもしれない。

この製品の特長的なポイントが、簡単接続。具体的には、ボタン一つを押せばというほどではないものの、3ステップ。有線LANなら、ケーブルを本体に接続、無線LANならWPSボタンで接続。後は、スマホに専用アプリ(無料)をダウンロードし、本体に付いていたIDとパスワードを入力するだけ。

ネットワークカメラの利点は、離れた場所からでも、家の中などが分かること。どんなことができるかというと、屋内向けでは、留守中に、子供の帰宅を確認したり、自宅のペットの様子をみたり、防犯というよりは、日常的に使う機器。

子供に、帰宅する度に、メールやLINEで伝えなさいというよりは、何もしなくても、映像で確認できる方が、窮屈さもなく、映像で見れる安心感もある。

カメラ一発!シリーズには、スマホのような長方形型の『CS-W06N』、新製品で円形の『CS-W50HD』がある。どちらも、大きさもそれほど変わらず、似たようなものに見えるが、映像の画質、音声通話、暗視機能などは同じものの、機能面でわずかに違いがある。

『CS-W06N』には、赤外線による人体検知機能がある。これは、人の体から放射されている赤外線を感知することで、動きを検知する仕組み。この他、映像の変化による動体検知機能もある。『CS-W50HD』は、動体検知機能のみ。

『CS-W06N』には、温度センサーがあり、『CS-W50HD』にはない。温度センサーがあれば、カメラがある場所の温度が分かり、暑い時期は、熱中症の予防にも役立つ。特に、高齢になると、気温が高くても暑さが感じられず、熱中症になるリスクも高いため、離れた場所から見守ることもできる。

これに、『IRKit』などのネット経由で家電を操作する学習リモコンを組み合わせれば、遠隔操作でエアコンをコントロールすることもできる。ペットが家にいると、夏には、エアコンを入れたまま、外出したりするが、気温は変化するため、状況に合わせてという使い方にもなる。

新製品の『CS-W50HD』の方が、親しみがある丸いカタチで、カメラという意識も感じさせずにいいのだが。機能面で比べると、『CS-W50HD』が低価格で売られていることもあり、もう少し安くてもと感じるところはある。

屋外でも使えると、さらに使える幅が広がるのだが、屋内のみ。やはり、このコンパクトなタイプでは、屋外向けは難しいようだ。

   


nice!(328) 
共通テーマ:日記・雑感
前の2件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。