So-net無料ブログ作成
検索選択

普段持ち歩いても、邪魔にもならず、周囲からもおかしいと思われない 護身用武器 タクティカルペン [身を守る、防犯・護身用グッズ]

空き巣に遭うと、家の中が安全だと思い込んでいたことが分る。これまでは、当たり前で意識したことがなかったのだが、ちょっとした物音に非常に敏感になる。

もちろん、被害に遭った後に、警察を呼び、いろいろと調べて行ったが、その後、何か連絡があることもなく、入った不審者を捕まえたという話もない。

父は、あちらこちらの窓や部屋のドアに鍵を取り付けた。寝室のドアには、内側からしか開かない鍵を3つ、1階の窓には、今まであった鍵の上と下に補助鍵を付けたため、かなりの数。そして、比較的安い、防犯カメラも。

私はと言えば、護身用に折りたたみの警棒を購入した。たたんだ状態で、20cmちょっとだろうか、それをボタンを押して、振り下ろすと、そこそこの長さになる。

これが、一見、良さそうなのだが、意外に重い。これを自由自在に振り回すには、それなりの訓練も筋力も必要で、警察官は使えても、素人がそう簡単に使えるものじゃない。

例えば、不審者が、刃物などを持ち、向かってきた場合、警棒で相手の動きを制することができるかと考えると、それは到底無理な話。買ってから気が付いたため、今では部屋のオブジェになっている。

もっと手軽に使えるものがないかと探したところ、目についたのが、護身用武器 『Smith & Wesson(スミス&ウェッソン) タクティカルペン M&P ミリタリー&ポリス ブラック』。当初の目的とは違うのだが、これは使えると思い購入。スミス&ウェッソンは、アメリカで古くからある銃器メーカー

これは、ペン型の杭(くい)のようなもので、非常に頑丈にできており、握ったときに滑り難く、これで刺せば、ただでは済まないというもの。大きさは、ペンよりもやや長く、太めだが、ペンに見える大きさではある。もちろん、ペンとしても使うことができる。

見ただけでは、金属製の太目のボールペンでも代わりになるのではと思ったのだが、実際、持ってみると、適度な重さと護身用に刺すというものだけあって、ペンとは作りが全然違う。

購入する際の決め手は、護身用の道具として、携帯に優れ、刃物より殺傷能力が低いということ。

例えば、折りたたみのナイフだと護身用にも凶器にもなるため、問題を起こす可能性があり、好ましくない。そして、催涙スプレーでは、どんなに小さいものでも、常に持ち歩くには邪魔なもの。

それに比べ、タクティカルペンの場合、胸ポケットにペンがあるのは、当たり前のことで怪しまれることもなく、すぐに抜き取り使うことができる。そして、すぐ使える状態で携帯しても問題ないため、素早く使える良さがある。重さも、重すぎず、軽すぎず、このくらいの重さなら、自由に使える。

アイスピックを使うと分るが、力が加わる面積が小さいほど大きな力が、その一点に集中する。そのため、タクティカルペンの先が当たれば、かなりのダメージになる。

タクティカルペンは、意外といろいろあり、カタチも様々。

   


nice!(138) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 138

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。