So-net無料ブログ作成
検索選択

明かりで防犯 決めた時間に点灯・消灯をタイマー設定、今使っている照明をそのまま使える パナソニック コードペンダント用留守番タイマ機能付 リモコンスイッチセット [留守中に照明を自動オンオフ 照明で防犯]

我が家では、空き巣に入られた後、留守中でも茶の間の照明が自動で点灯させるため、『オーム電気 セキュリティ用照明器具タイマー』を使っていると書いたが、残念なことに、生産終了。

こうなると、天井からぶら下がるタイプの照明ではなく、天井に直接付いた照明 シーリングライトでは、ちょっと高めのタイプでは、タイマー機能があるものがあり、それらを買うしかないと思っていた。

そこで、いろいろ調べたところ、似たような製品があり、それが、『パナソニック電工 コードペンダント用留守番タイマ機能付 光線式ワイヤレスリモコンスイッチセット WH7016WP』。

『コードペンダント』と言われると、どんな照明に使えるんだと疑問に感じるが、『コードペンダント』というのは、天井からぶら下げるタイプの照明を指すもの。天井からぶら下がり、円形の蛍光灯で、ヒモを引っ張ると電気が点く、一般的に家庭によくあるタイプの照明など、吊り下げられていれば、『コードペンダント照明』とか、『ペンダント照明』、『チェーンペンダント照明』と呼ばれる。

この『パナソニック電工 コードペンダント用留守番タイマ機能付 リモコンスイッチセット』は、受信機を天井の接続部分と照明のコードの間にセットし、後は、リモコンで操作する。特に、工事が必要なものではない。

こちらも、仕組みは、『オーム電気 セキュリティ用照明器具タイマー』と変わらず、タイマー予約すると、リモコンから自動でオン・オフの信号を発し、それで電気が点いたり消えたりする。これは、シーリングライトのタイマー機能も同じなのだが。

つまり、リモコンの信号が届かない状態だと、タイマーをセットしても機能しないということになる。ただ、感度は悪くないため、テーブルの上になど置けば、問題なく。パナソニック電工の方は、後から発売されているため、かなり感度はいいんじゃないだろうか。

しかも、『パナソニック電工 コードペンダント用留守番タイマ機能付 リモコンスイッチセット』の場合、設定した時刻の前後30分の間でランダムに電気が点くようになっている。こうなると、長期間、家を空けた場合でも、例えば、18:00に点灯するよう設定しても、17:45に点くかもしれないし、18:10に点くかもしれない。このランダムさが、より人が居るような雰囲気になる。

この他、照明をリモコンで操作できる場合は、高機能 学習リモコンの『Pluto ステーション』など、スマホを使い、ネットワーク上でリモコン家電を操作する機器もあり、これを使えば、直接、オン・オフできる。

この機器は、照明だけではなく、リモコン操作できるもの全般に使えるため、テレビやエアコンも操作でき便利。以前、このブログでも、『ネットワーク対応 高機能 学習リモコン』で書いたのだが。

我が家では、すでに空き巣被害の後ということもあり、照明にタイマー機能がない頃は、家族で外出する際、ラジオを大きな音で流し、部屋の電気も点けたままにしたりしていたが、朝からの外出だとムダが多い。旅行で泊まりとなると、やはり、タイマー機能が欲しいということで、購入したのだが。

防犯向けに、留守中、明かりを点けたり消したりするだけではなく、一人暮らしだと、暗い部屋に一人で帰るのは、なんとなく不安なところもあり、誰かいるんじゃないかと感じたりするが、電気が点いた部屋に帰宅すると、そこら辺の不安を感じない。

特に寒い時期は、室内は暖かくはないものの、照明が点いているだけで安心できるところもある。

  


nice!(395) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 395

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。