So-net無料ブログ作成

電球感覚で簡単取付け、動体検知、暗視機能、音声も録音、micro SDカードで繰り返し録画  気付かれ難い防犯カメラ 赤外線LED搭載 オンロード電球型防犯カメラ BC-210 [天井に簡単取付け 電球型防犯カメラ]

防犯カメラを設置する際、防犯カメラの存在が分かる方がいいのか、分からない方がいいのかというのは、最初に考えるところ。実家では、ご近所とのトラブルから、設置したのだが、防犯カメラが見えることで、観られていること、映像が残ることがアピールできるが、一方で、神経質な人の場合、防犯カメラから、いつも見られていると感じらせることにもなり、一長一短がある。

その点、見た目が防犯カメラに見えないものは、相手への変な誤解を生むこともなく、取り付けた方は、確認できることで安心も得られるため、便利なものということになるのだが。防犯カメラに見えない防犯カメラとして、昨年、登場したのが、『赤外線LED搭載 オンロード電球型防犯カメラ (ベイシック+LEDライトモデル) BC-210』。

これは、LED電球型なため、供給電力は、LED電球と同じソケットから。機能的には、物体が動いたときに録画するための動体検知機能、暗い状態でも録画できる 暗視機能、音声も録画できる。録画された動画は、本体に差し込まれた micro SDカードに保存される。

例えば、天井の電球を、このLED電球型 防犯カメラに取替えた場合、壁などにある電球を点けるためのスイッチを押した瞬間から、連続録画するということもできる。しかも、LEDのライトも付くため、LED電球型の防犯カメラがあると分かる人じゃなければ、まず、気付かれることもない。壁などのスイッチをオンのまま、付属のリモコンで、電球のオンオフもできる。

録画に関しては、解像度は、VGA 640x480、CIF 352x288の2タイプ。micro SDカードは、最大 32GBに対応しており、32GBで連続録画だと、最大 4日分(96時間)が保存され、繰り返し録画するため、古いデータから上書きされる。これは、640x480で録画した場合で、352x288なら、さらに長く録画できそうだ。

録画中のランプの点灯も、オンオフでき、いつ録画されたかというタイムスタンプ機能もあり、不要であれば、オフにもできる。物体の動きを感知して録画する動体検知録画モードなら、使い方にもよるがかなり長く録画できるのではないだろうか。

使う状況を考えると、カメラの画角が67度と広くはないことと、カメラを向けるようにLEDライトを向けるというのは違和感があるため、天井に取り付けるというのが、無難な使い方になる。人は、周りを見ることはあっても、天井を見るということは、あまりなく、電球型だけに、不審に思われることは無さそうだ。


赤外線LED搭載 オンロード電球型防犯カメラ BC-210

もしものときに、録画された動画を確認するという使い方なら、防犯カメラの存在を感じさせず、便利なものだが、その都度、映像を確認したいとなると、天井に取り付けたLED電球型防犯カメラから、micro SDカードを抜き取り、動画を観ることになり、多少の手間がかかる。

ただ、天井にライトがあるというのは、当たり前のことで、そこに防犯カメラがあるとは、普通、気が付かないため、便利さを考えると、この程度の手間は仕方ないのかもしれない。

取り付けられる電球ソケットは、金口E26と、一般的によくあるタイプなのだが、電球の上の部分がヨコになる取り付け方の場合、映像が録画できないため、電球を真下に取り付けられる 『光波 ≪LED電球専用≫ 口金E26 フレキシブルソケット E26-FSK』なども必要になる。

また、micro SDカードのデータを、スマホやタブレット端末で、その場で読み取るとなると、『Kingston MobileLite WIRELESS Wi-Fi SDカードリーダー(スマホ充電機能付) MLW221』などがある。これは、スマホやタブレット端末と無線でつながり、SDカードのデータを読み込むためのもの。

あまり、いい使い方ではないのだが、防犯カメラには録音機能があり、頭上に障害物が少ないことから、録音をメインにという使い方もアリかもしれない。

  


nice!(385) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 385

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。