So-net無料ブログ作成
検索選択

防犯カメラに見えない 防犯カメラ 近所の目を考えると、防犯カメラらしくない方が無難、しかも、スマホで動画視聴もできる 屋外投光器防犯カメラセンサーライト [不審に思われない 防犯カメラ付き センサーライト]

防犯カメラは、見た目に分かりやすい方が、監視されているという印象を強く与えることができ、嫌がらせなどへは効果がある。ただ、近所の人からすると、常に見られているという意識があり、いい顔はされず、神経質な人だと、これが元で揉めることにもなる。

この点が、防犯カメラを取り付ける際に躊躇するところではないだろうか。直接の嫌がらせがあれば、そうも言っていられないのだが、そこまでの事がない場合、露骨な防犯カメラは角が立つ。

防犯カメラに見えない防犯カメラとして、都合がいいのは、やはり、防犯カメラ付きセンサーライト。センサーライトに防犯カメラの機能を加えたもので、外見上も、センサーライトのみのものと、それほど変わらず、堂々と設置できるのが、最大のポイント。

センサーライトは、人の動きを感知し、ライトが点灯するもので、防犯の他、夜間、帰宅したときの照明として、駐車場や玄関付近に取り付けられる事も多い。センサーライト自体、便利なものだけに広く普及しており、珍しいものではない。そこに、防犯カメラを内臓しており、怪しまれる可能性は極めて低い。

このタイプの防犯カメラは、本体に差し込んだ micro SDカードに録画するもので、従来の防犯カメラのようにレコーダーを用意する必要はない。電源さえ屋外で確保できれば、簡単に取り付けられる。

『録画機能付きLEDモーションセンサーライト』は、録画した映像をmicro SDカードに保存。小さめのライトが1つというシンプルでコンパクトなもので、目立ち難くい。USBケーブルで本体とパソコンをつなげば、直接、映像をパソコンで映し出し、監視もできる。ただ、映像を録画するには、キャプチャーソフトが必要。

『オンロード OL-015』は、ライト部分が大きく、高輝度LEDで約15mまで照らすというもの。こちらも、micro SDカードに録画した映像を保存するタイプだが、USBではなく、ビデオ出力端子を使い、TVで映像が見れる。

TVに接続しておけば、気になるときに、TVの入力切替で映像が見れる。USBだと、パソコンになるが、TVで見たい場合は、こちらの方が便利。

『superlight 録画機能付きセンサーライト』は、ライトが2つあり、角度調節ができるため、周りを広く照らしたいという方には便利。これには、ライトだけではなく、犬の鳴き声やチャイム音も出す事もでき、さらに、防犯カメラとして録画もされる。この音については、切り替えができ、昼間だけ鳴るようにも、夜だけ鳴るようにも、もちろん、オフにすることもできる。

この防犯カメラ付きセンサーライトは、このタイプでは珍しく、micro SDカードではなく、そのまま、SDカードが使える。SDカードが使えるということは、SDカードに無線通信機能を内蔵したWi-Fi対応SDカードも使えることになる。

これが、使えれば、スマホなどと無線で接続し、録画した動画ファイルを本体から、SDカードを抜くことなく、ダウンロードして確認することも可能になる。ただ、カード型では、通信距離に不安がある。

私が、使っているWi-Fi対応のSDカードでは、デジカメで試したところ、4、5mほど離れたところでもダウンロードは可能だった。防犯カメラ付きセンサーライトを設置した場所と、近い位置に部屋があれば、室内からでも動画の確認はできそうだ。ただ、建物に使われている建材などの影響もあり、必ず使えるとは言い切れないところはある。

最近、発売された『Wi-Fi内臓 センサーライト型 防犯カメラ』は、さらに高機能で、Wi-Fiにも対応。本体でmicro SDカードに録画しつつ、Wi-Fiでスマホと接続。専用アプリで、現在の映像を観ることもでき、スマホに録画データもアップされる便利なもの。これなら、本体から micro SDカードを抜き差しする必要はない。

先ほどのWi-Fi対応SDカードでは、できたとしても、録画データのダウンロードぐらいだが、現在の映像を見ることができ、外の状況をすぐに確認したい方には、この方が都合がいい。

本体に無線用のアンテナがあるため、感度も良さそうだ。現在の映像を見ながら、気になる部分があれば、そのシーンを手動で写真撮影することもできる。

もちろん、無線LANルーターなどがあれば、パソコンともつながり、パソコンのモニターで映像が見れる。パソコンで見る場合、4つの防犯カメラを同時に見ることができ、センサーが何かの動きを検知しなくても、手動で録画を始める機能もある。さらに、外出先のパソコンでも、防犯カメラの映像を見ることができる。

『Wi-Fi内臓 センサーライト型 防犯カメラ』は、機能的には、ネットワークカメラにも近いのだが、低価格なものは、室内向けで外では使えず、屋外向けになると数が限られ、値段も高い。その点、防犯カメラ付きセンサーライトは、実用的で割安感もあり、見た目に防犯カメラと知られず、取り付けやすい利点もある。

最後に、音声も含めて、録画できればと思うかもしれないが、もともと、防犯カメラは、映像で監視するもので、音声はオプションのようなもの。マイクが付いていたとしても、高性能なものではないため、音源との距離があると上手く録音はできない。

   



nice!(248) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 248

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。