So-net無料ブログ作成
検索選択

留守中も安心できる ネットワークカメラ 動体検知で通知、映像を見ながら音声通話 PLANEX カメラ一発! CS-W06NとCS-W50HDを比べると [ネットで観れる ネットワークカメラ・IPカメラ]

ネットワークカメラは、有線LANや無線LANに接続し、外出先からでも、ネットを通じて、カメラ映像が見れるのが大きな特徴。さらに、赤外線による暗視機能で暗闇でも見ることができ、さらに、音声通話が可能なものもある。

ネットワークにつなぐ機器の場合、ネットワーク関連の知識、設定に慣れていないと難しいところもあるのだが、それが、不慣れな人でも簡単にできるとして、知られているのが、PLANEXのカメラ一発!シリーズ。

他のネットワークカメラに比べ、やや高めではあるものの、そう極端に割高でもない。ネットワークカメラの価格は、動体検知機能は、だいたい付いているが、データの保存先が本体のSDカードでできるか、暗視機能があるか、音声通話ができるかで、価格が違う。

カメラ一発!シリーズでは、屋外向けの『CS-W80HD』以外は、これを満たしている。『CS-W80HD』は、屋外に設置する防犯カメラがベースなため、音声は聞き取れるものの、カメラ側から音声を発することはなく、使う状況として、不要ということかもしれない。

この製品の特長的なポイントが、簡単接続。具体的には、ボタン一つを押せばというほどではないものの、3ステップ。有線LANなら、ケーブルを本体に接続、無線LANならWPSボタンで接続。後は、スマホに専用アプリ(無料)をダウンロードし、本体に付いていたIDとパスワードを入力するだけ。

ネットワークカメラの利点は、離れた場所からでも、家の中などが分かること。どんなことができるかというと、屋内向けでは、留守中に、子供の帰宅を確認したり、自宅のペットの様子をみたり、防犯というよりは、日常的に使う機器。

子供に、帰宅する度に、メールやLINEで伝えなさいというよりは、何もしなくても、映像で確認できる方が、窮屈さもなく、映像で見れる安心感もある。

カメラ一発!シリーズには、スマホのような長方形型の『CS-W06N』、新製品で円形の『CS-W50HD』がある。どちらも、大きさもそれほど変わらず、似たようなものに見えるが、映像の画質、音声通話、暗視機能などは同じものの、機能面でわずかに違いがある。

『CS-W06N』には、赤外線による人体検知機能がある。これは、人の体から放射されている赤外線を感知することで、動きを検知する仕組み。この他、映像の変化による動体検知機能もある。『CS-W50HD』は、動体検知機能のみ。

『CS-W06N』には、温度センサーがあり、『CS-W50HD』にはない。温度センサーがあれば、カメラがある場所の温度が分かり、暑い時期は、熱中症の予防にも役立つ。特に、高齢になると、気温が高くても暑さが感じられず、熱中症になるリスクも高いため、離れた場所から見守ることもできる。

これに、『IRKit』などのネット経由で家電を操作する学習リモコンを組み合わせれば、遠隔操作でエアコンをコントロールすることもできる。ペットが家にいると、夏には、エアコンを入れたまま、外出したりするが、気温は変化するため、状況に合わせてという使い方にもなる。

新製品の『CS-W50HD』の方が、親しみがある丸いカタチで、カメラという意識も感じさせずにいいのだが。機能面で比べると、『CS-W50HD』が低価格で売られていることもあり、もう少し安くてもと感じるところはある。

屋外でも使えると、さらに使える幅が広がるのだが、屋内のみ。やはり、このコンパクトなタイプでは、屋外向けは難しいようだ。

   


nice!(328) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 328