So-net無料ブログ作成
検索選択
家の壁など 定番の屋外設置型 ブログトップ

ダミーカメラにちょっと足すとホンモノの防犯カメラ!低価格でそろえるなら 赤外線防犯カメラ FS-CT100 [家の壁など 定番の屋外設置型]

街の中を歩いていると、意外とよく見かけるのが、防犯カメラの『FS-C100』。ノーブランドの中国製なのだが、価格の割によくできている。防犯のために実際には使えないダミーカメラがあるのだが、これに2000円ほど足すと買えてしまうほど安い。

それでいて、性能はというと、画素数は約25万あり、夜間も30個のLEDライトで約20m先まで映すことができ、内臓マイクもあるため、一応、音声入力もある。

昼・夜モードは自動切換えで、昼はカラーなのだが、夜は白黒。アイリスの自動調節もあり、これは、カメラのレンズに光が入った際に、真っ白になったり、真っ黒にならないよう自動で調節するというもの。

防犯カメラを初めて買ったのが、実はコレ。この性能で、取り付けスタンドも付いて、この価格は安くて。これに、映像や電源ケーブルがまとまってる 『防水デザイン CCTV カメラ◇FS-CT100対応AVケーブル40m』を買い足せば、録画しないで観るだけなら、このままテレビにつなげてしまえばいい。

この40mのケーブル、防犯カメラの電源ケーブルと映像・音声ケーブルが一緒になっており、本体付属のアダプターを延長ケーブルの端につなげれば、問題なく動く。40mもあれば、一軒屋でも、結構、いろんなところに付けられるんじゃないだろうか。

この製品、防犯カメラのレンズが広角レンズではないため、見える範囲は限られている。それでも、画質は悪くはないため、設置場所を工夫すれば、ある程度は。

防犯カメラというと、一度、取り付ければずっと使えると思われそうだが、風雨にさらされているせいか、四六時中動いているせいか、4,5年ぐらいで買い換えたりもする。それを考えると、安くて買い替え安いというのはいいのかもしれない。

安い割に、防犯カメラに求められる、ある程度の性能はクリアしており、試しに防犯カメラを取り付けたいという方には向いている。

ビデオ入力があれば、防犯カメラの大半は接続できるため、例えば、液晶テレビに外部入力でビデオ入力できるなら、それに防犯カメラのケーブルを接続し、気になるときにテレビのチャンネルを選ぶ感覚で、外部入力にするというのもいい。

録画するなら、今なら、レコーダーが必要だが、何かあったときに、すぐに外を確認したいという方なら、レコーダーなしでも使うことはできる。

離れた場所を簡単に見れると、初めは新鮮で、これは面白いと感じたのを覚えている。

※防犯カメラによっては、映像ケーブルが業務用AV機器向けのBNC端子のものがあり、このままだと、地デジやブルーレイレコーダーなどには接続できない。そのため、変換コネクタの『[フジパーツ]ピン(RCA)ケーブルを⇒BNCプラグに変換! 変換プラグ/AD411』、その逆の『フジパーツ BNCプラグを⇒ピン(RCA)プラグに変換! 変換プラグ』などが必要になる。

   
nice!(42) 
共通テーマ:日記・雑感

初心者向けにオールインワン、小型だから強調し過ぎない防犯カメラ [家の壁など 定番の屋外設置型]

防犯カメラを屋外に設置する際、気になるのが見た目。防犯カメラは、不審者が嫌がるものだが、近所でもあまり気分のいいものでもない。我が家のように、もともとご近所と仲が悪いというか、疎遠なタイプなら気にもしないが。

よくあるタイプで、見るからに防犯カメラというもだと抵抗があるという方なら、コロナ電業の『TR-204C』は、ライトのようなコンパクトさで、十分な性能もありつつ、防犯カメラの威圧感が大分軽減されている。

この製品、オールインワンというだけあり、接続ケーブルが20m。普通は、延長ケーブルを別途買う必要があるが、これなら、その必要がほとんどない。

しかも、ケーブルが、RCAピンプラグ。これは、家庭用の液晶テレビブルーレイレコーダーなどに、アナログではあるのだが、変換プラグをつけずに接続できるタイプ。

有効画素数は約25万画素、赤外線投射距離は約4m。下の動画が、メーカーが公開しているTR-204Cによる映像。





カメラ付きインターホン感覚で、誰が来たのか確認したいというなら、液晶テレビの外部入力に防犯カメラを接続し、液晶テレビの映像切り替えですぐ観る事ができ、もちろん、音も聞こえる。

オールインワンと言っても、延長ケーブル分がないくらいの違いではあるのだが、初めてだと、いろいろ分からないことも多く、まとまってる方がやりやすいのは間違いない。

室内向けでは、小型のモノがいくつもあるのだが、屋外向けで暗視も可能でこの大きさは、かなり小さい方。


nice!(76) 
共通テーマ:日記・雑感

屋内外で使える防犯カメラに録画機能搭載 低価格で録画できる環境まで作れる防犯カメラ [家の壁など 定番の屋外設置型]

防犯カメラの設置で、録画するために専用レコーダーを買うか買わないかは、大きなポイントになる。我が家のように、空き巣の被害などがあれば、当然のように、録画するのが前提だから、買おうという結論になるのだが、何もなければ金額が金額だけに考えるところかもしれない。

もちろん、家庭用のブルーレイレコーダーなどに接続しても録画はできるが、映像に変化があるときだけ録画する動体検知機能がないため、録画しっぱなしになる。

この機能が必要で、専用レコーダーを買うという流れになるのだが、この機能が、防犯カメラそのものについているものがある、それが、録画機能搭載の防犯カメラ。

どのような仕組みかというと、普通の防犯カメラと同じように屋外に設置し、映像は液晶テレビなどに接続して観るのだが、この防犯カメラ本体にマイクロSDカードを挿し込み、それに録画し続けるというもの。

もちろん、動体検知機能があるため、録画しっぱなしではなく、変化があるときだけ録画を開始し、そのデータがSDカードに残る。そのまま使い続ければ、古いデータに上書きしながら、録画は続く。

何か問題があるとき、留守中に誰が来たかを確認したいときは、リモコンが付属しているタイプは、防犯カメラ本体から再生、無い場合は、SDカードを防犯カメラから抜き取り、パソコンなどで視聴するという使い方

防犯カメラで録画するため、SDカードの抜き差しの手間はあるものの、基本的に誰か来たときなどに映像で観るという使い方で、いざというときに録画できればという方には向いている。

機種により、最大で使えるSDカードの容量が、16GBだったり、32GBだったりはするのだが、録画できる時間は、最大で30時間以上。動きがあるときだけ録画するため、普通に使うなら、まず、十分な録画時間はある。

注意点としては、このタイプの防犯カメラは、動体検知で録画するものの、SDカードの中では、30分毎などファイルが区切られるため、例えば、不審者が45分間動いているとすると、30分と15分の2つのファイルにまたがることになり、ファイルをまたぐことで、数秒の映らない時間ができることがある。これは、仕方ないのだが。

専用レコーダーを買わずに済めば、導入するときは、防犯カメラ本体、延長ケーブル、そして、SDカードのみと格段に安くなる。

マイクロSDカードは、昔に比べると、容量が大きい割に価格も安い。パソコンがあれば、視聴でき、データの保管も簡単。もちろん、専用レコーダーと接続し、普通の防犯カメラとして使うこともできる。

段階的に、はじめは防犯カメラのSDカードで録画しながら使い、必要になったら、専用レコーダーを買い足すというのも、いい考えかもしれない。

防犯カメラ本体に録画機能があるもの
  

SDカード
 
nice!(79) 
共通テーマ:日記・雑感
家の壁など 定番の屋外設置型 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。