So-net無料ブログ作成
玄関に工事不要で取付 防犯カメラ・テレビドアホン ブログトップ
前の5件 | -

取り付け工事不要の防犯カメラ、ドアに引っ掛けるだけで簡単に使える パナソニック ワイヤレスドアモニター ドアモニ [玄関に工事不要で取付 防犯カメラ・テレビドアホン]

防犯カメラやカメラ付きのインターフォンなど、実施、取り付けようと思うとそれなりの準備が必要で、時間も手間もかかる。キレイに設置できるかどうかということもあるのだが、機械は全くダメという方だと、腰が重いもの。

それでも、持ち家なら、ある程度、好きなようにできるのが、これが、賃貸となるとまた話がややこしく、大掛かりなものだと、許可を得ないと設置できない。

そんなときに便利なのが、玄関ドアに引っ掛けて取り付けるだけで使える、パナソニックのドアモニ。工事・配線不要で取り付けられ、誰が来たか映像で分るインターフォンと考えると分りやすいかもしれない。

四六時中、撮影する防犯カメラと違い、誰かが玄関先にやってきたときに、ワイヤレスの親機からボタンを押すと、玄関ドアにあるカメラが作動し、その映像を離れた場所にある親機に映し出すというもの。

カメラには、マイクとスピーカーがあり、親機を通して、外と会話もできる。もちろん、外の音だけ聴くこともでき、誰が来たかが簡単に確認できる。

さらに、映し出された映像の静止画を最大10枚保存でき、カメラの方向を操作したり、ズームもできるという、かなりの優れもの。子機を買い足すこともでき、電波が届き難い距離の場合、中継アンテナを使うことになる。

子機には、充電台があり、携帯電話のように普段は挿し込み、使うときにはずして使う。ドアにあるカメラ部分は、電池で動いており、子機には、子機とカメラのバッテリーモニターがあり、簡単にバッテリーをチェックできる。



このような製品は、あまりないのだが、以前にも同じような発想で作られた製品はあった。当時は、ここまで高性能ではなく、低価格でもなかった。

他社から似たような製品が出ていなかったが、実売価格でも3万円前後で、しばらくして、生産終了となった。現在は、防犯カメラを見ても、低価格化が進んでおり、ようやく、買ってもいい値段になった感がある。

我が家も、建物が古く、防犯カメラを取り付ける前は、インターフォンがあったが音声だけの昔ながらのもので、誰が来たか分らないことで面倒だったことは何度もある。

たまたまネット通販で購入したものが届く日だったため、安易に玄関を開けてしまい、シロアリがどうの、瓦が傷んでいるなどリフォーム関連の業者の強引なセールスで面倒だったことがある。

この他、宗教の勧誘も、度々やってくるため、厄介なもの。誰が来ても出ないという人もいるが、それも、正直、気分が悪い。

今は、物騒な世の中だけに、子供だけが留守番しているようなときは、何でもドアを開けられてしまうと、何が起こるか分からないため、外の状況が分るという機器はあるに越したことはない。

子供に、まず、モニターで見て、出なくてもいいから、誰が来たか画像だけ撮っておいてというのもいいかもしれない。映像が観れるインターフォンが欲しいけど、取り付けが大変という方には、これはかなり便利な製品。

防犯カメラ関連のメーカーは、小さいところも多いのだが、やはり、パナソニックという馴染みの家電総合メーカーだと、大きいところは大きいところなりの作りのしっかりした、クオリティの高さがあり、安心感もある。

この機器、一般的によくあるタイプのドアなら問題ないが、外に3mm以上の出っ張りがあったり、開閉するドア板の上の部分が段差やクボミがあると取り付けられないので要注意。

desc.jpg

  

nice!(99) 
共通テーマ:日記・雑感

外からは防犯カメラが見えず、取り付けも簡単 シャープ リビングドアスコープ HN-D150 [玄関に工事不要で取付 防犯カメラ・テレビドアホン]

ドアに掛けるだけで設置の手間もなく、玄関先に誰が来たかが、離れたところからでもワイヤレスの親機で分り、会話もできるということで、パナソニックの『ドアモニ』について書いたのだが、会話ができなくても、誰が来たかが分ればいいというなら、シャープの『リビングドアスコープ HN-D150』もある。

『リビングドアスコープ HN-D150』の大きな特徴は、ワイヤレスで配線も不要、簡単に取り付けられ、しかも、玄関ドアの内側にあるドアスコープに設置するため、外からはカメラがあるかどうかが全く分からないこと。

仕組みは、玄関ドアで誰か来たときに覗き込む、あのドアスコープをゆるめ、そこに掛けるカタチでワイヤレスドアカメラを設置。後は、誰かが来たとき、モニター付の親機に映像が映るというもの。

モニター付の親機は、単純に映像を観ることと、オプションで室内カメラも設置した際に、ドアスコープと室内カメラの映像を切り替える機能のみと、シンプルなもの。

例えば、ワイヤレスドアカメラと室内カメラを赤ちゃんの部屋にでも取り付ければ、離れたところから、どちらも簡単にチェックでき、気兼ねなく他の事ができる。

インターフォンのような機能はなく、離れたところから会話することはできないが、そもそも、玄関先に誰かがいる場合、離れたところからでも会話できるということに比べると、見て誰だか知りたいというのが、まず、大きなところ。それが、分るだけでも、ほとんどの用は足りるところはある。

例えば、宅配などは制服を見れば分るため問題なく、知らない人やセールスマン風なら出なくてもいいという判断が、相手が見えればできる。

防犯カメラは、物々しくて、周りの目が気になるとか、映像が観れるインターフォンを取り付けたいけど、賃貸マンションだから、取り付けられないという方には便利。

取り付ける際の注意点としては、ドアカメラを取り付けるため、ドアスコープを中心に左右に30mm以上、上に40mm以上、そして、下には80mm以上に凹凸などがなく平らなこと。そして、一般住宅用の玄関ドアなら、ほとんどが問題ないと思うが、ドアの厚さが4.5cm以下。

難点としては、ドアスコープが広角レンズ、広く見えるレンズでも、この機器を取り付けて映し出される映像は、範囲が狭く、立つ人の位置によっては映りにくいということもある。

その点を考えると、ドアに掛けるドアモニの方が、カメラの向きを操作でき、上についているため、周囲が見渡しやすくていいのかもしれない。

外から見ても分るような、カメラを外に出したくないという思いと、誰かが来たときに確認しやすいということ、そのどちらを取るかで、考えが分かれそうな製品。

どちらも、設置が簡単でワイヤレスというのが、共通する特徴。普通、取り付けられない状況でも、取り付けることができ、選択肢が増えるというのはいい話。

我が家では、新興宗教の勧誘などが何度も来るため、玄関を閉める他、防犯カメラを取り付ける前は、外の門まで鍵を掛けて、閉めていたこともある。

誰が来たか分れば、出るか出ないかを決めることができ、不愉快な思いをすることもなくなる。見えるか見えないかは、それだけ大きな違いになる。

d01.jpg

 

nice!(84) 
共通テーマ:日記・雑感

玄関ドアに簡単取り付け、留守中の訪問者を自動撮影 brinno 液晶ドアスコープ PeepHole Viewer PHV1330 + モーションセンサー MAS100 セット [玄関に工事不要で取付 防犯カメラ・テレビドアホン]

これまで、工事不要で玄関ドアに簡単に取り付けられる防犯カメラとして、パナソニック 『ドアモニ』、シャープ 『リビングドアスコープ』のポイントをまとめたのだが、この他にも、『brinno 液晶ドアスコープ PeepHole Viewer PHV1330 + モーションセンサー MAS100 セット』がある。

『ドアモニ』、『リビングドアスコープ』にしても、誰かが玄関先に来たときに、離れたところから相手の姿を見ることがことができ、カメラ付のインターフォンのようなものを工事不要で簡単に取り付けられるのがポイントだが、この『brinno 液晶ドアスコープ』は、仕組みがちょっと違い、使う用途もやや異なる。

『brinno 液晶ドアスコープ』は、どういうものかというと、玄関ドアから外を覗き込むドアスコープに取り付けるのは、『リビングドアスコープ』と同じなのだが、その取り付けたカメラのモニターに映像が映るというもの。

これまでの二つは、離れたところで確認できるから便利な訳で、それが、誰かが来たら、自分で玄関ドアまで行き、ボタンを押すことで、玄関ドアにあるドアスコープを覗き込まなくても、小さなモニターに映る。それじゃ、面倒だし、不便じゃないかと私も思った。

確かに、ボタンを押せば、画像を保存することもできるが、人が来るたびに、玄関ドアの前まで行けば、扉一枚隔てているとはいっても、動きがあれば、誰かがいるのは気が付くもので、それで出なければ、居留守を使っているのがバレてしまう。

あまり、便利さを感じない製品だと思っていたのだが、この製品には、モーションセンサーをオプションで取り付けることができる。これを取り付ければ、誰も家にいないときに、誰かが玄関に近づくと、モーションセンサーが感知し、自動で撮影を行なう。また、オプションのノック・センサーを取り付ければ、ノックすると撮影される。

ドアモニにしても、リビングドアスコープにしても、モーションセンサーはないため、留守中に誰かがやってきても分からない。それが、この『brinno 液晶ドアスコープ』では、画像で保存することができるというのが、優れたところ。撮影された画像は、本体わきにあるマイクロSDカードに保存され、それを抜き取れば、パソコンなどで画像を確認できる。

誰かが来るたびに、玄関ドアのドアスコープを覗き込むのは面倒という方には、ボタン一つで表示されるため、楽と言えば楽にはなる。

ただ、モーションセンサーを使う場合、玄関の外側上部にセンサーを取り付ける必要があり、防犯カメラに比べれば非常にコンパクトだが、何かがあるというのは、気が付く人はいるかもしれない。

このタイプだと、誰かがやってくると、その都度、玄関ドアまで行くようなカタチになり、玄関ドアのわきがスリ硝子で何かが動いているのが分る場合、出なくても誰かがいることが分るかもしれない。

我が家では、変な人が尋ねてきた場合、居留守を使うこともよくあるが、別に後ろめたいとも思わず、堂々としたもの。相手に気を使う必要はなく、勝手にやってきたのは向こうで、こちらは、必ず出なければならないという義務もない。

出たくなければ出ないのは、当然の話。居留守は、留守を装っているようなものだから息をひそめたりするが、我が家の場合、居留守というより拒絶。外に音が聞こえるような大音量でテレビを観つつ、ほったらかしにするため、そのうち、来なくなる。

居留守を使うと、また今度、訪問すればという期待を相手に持たせるが、我が家のように、ほったらかしだと期待できないため、来なくなるということはある。

  

nice!(122) 
共通テーマ:日記・雑感

工事不要で、玄関ドアに直接インターフォンを取り付け、他にはない機能もある カラーモニター付インターホン ディービジョン2 [玄関に工事不要で取付 防犯カメラ・テレビドアホン]

今まで、玄関ドアにこだわって、パナソニックの『ドアモニ』、シャープの『リビングドアスコープ』、そして、brinnoの『液晶ドアスコープ』について、調べたのだが、これらとはちょっと違った切り口のものがあり、それが、『ディービジョン2』というもの。

共通点は、この4つは、設置工事が不要で、マンションなどの取り付けし難い集合住宅でも、簡単に取り付けられることだが、機能面は様々。

ちょっと、簡単にまとめると、ドアモニやリビングドアスコープは、誰かが来た際に、離れたところから無線で映像を観ることができ、ドアモニには静止画ではあるが撮影機能もあった。ただ、これらは、前提になっているのが、家に人がいるならということで、留守中に自動で何かをするような機能はない。

一方、brinnoの液晶ドアスコープは、普段使いとしては、玄関ドアにカメラとモニターが取り付けられるため、誰が来たかを玄関先まで見に行く必要があったが、違いとしては、オプションのモーションセンサーを取り付ければ、留守中に自動で撮影する機能があり、留守に強い面がある。

外見上の違いとしては、ドアモニは玄関ドアに引っ掛けるタイプで機器が外側に出ている分、カメラの方向やズームなどの操作ができ、玄関周りが見渡せる良さがある。

そして、リビングドアスコープと液晶ドアスコープは、外見上は機器が全く見えないため、機器が取り付けられているかどうかが分らないが、玄関ドアから覗き込むドアスコープを通して相手を観るため、見える範囲が狭いという難点もある。

今回の『ディービジョン2』は、どうかというと、有線ではあるのだが、ある程度、離れたところから相手を確認することができ、玄関ドアの外側に機器を取り付けるため、外からは見えている。音声で会話できるため、どちらかというと、ドアモニに近いかもしれない。

『ディービジョン2』は、どんな機器かというと、簡単に言うと、玄関ドアに取り付けられるカメラ付インターフォン。もちろん、モニターがある子機と連動しており、会話ができ、留守中に誰が訪ねてきたかを撮影する機能もある。

カメラ部分の取り付けは、玄関ドアのドアスコープを外して、そこにケーブルを通すため、穴を開けることなく取り付けられる。ケーブルの長さは、数メートル。ケーブルの先に、モニターがある子機とつながり、映像が映るという仕組み。

カメラ部分には、押しボタンのチャイムがあり、訪問した人はここを押して鳴らす。これが、留守中の場合、カメラ撮影する際のボタンにもなる。記録できる画像は64枚、撮影日時も記録される。

カメラ付きインターフォンを取り付けたいけど、設置工事は面倒という方、集合住宅で取り付け難い方には、配線の必要はあるにしても、建物に穴を開けるようなことはなく、壁に埋め込まれたインターフォンのような面倒さがなく、選択肢としてはアリかもしれない。

モーションセンサーはないため、怪しい人の動きだけで撮影するというものではないのだが、留守中に、誰が来たかが知りたいという方には、便利。

ドアスコープから撮影するタイプだと、チャイムのボタンの位置などで、相手がカメラに映りにくい場所に立つこともあるが、押しボタンとカメラの場所が一緒なため、比較的、相手が映りやすいという利点もある。

現在、手に入るタイプで、工事不要で玄関に取り付けられるものとなると、この4つぐらいではないだろうか。親から頼まれていた防犯カメラは、特に玄関にという話ではないのだが、個人的に、今年から来年には、学生時代もそうなのだが、そろそろ親元を離れたいと考えており、そのときに使うのが前提で、ついでに調べた。

もし、私が取り付けるとしたら、ドアモニだろうか。カメラが外に出ているというのは防犯の意味も大きく、何より、性能の割に割安感があるため。
   

nice!(95) 
共通テーマ:日記・雑感

鍵穴のないICカード式ドアロック 両面テープだけで取り付け簡単!賃貸アパートでも気兼ねなく URO電子工業 ICカード ドアロックシステム UROLOCK [玄関に工事不要で取付 防犯カメラ・テレビドアホン]

学生の頃に、賃貸アパートに住んでいたことがあるのですが、気になるのが、玄関の鍵。当然、以前に同じ部屋に住んでいた人がいるはずで、もしかしたら、合鍵を作って持ってるんじゃないかということ。

たまに、ニュースで、アパートの管理人が、合鍵を使い、留守中に住人の部屋に勝手に入り、金目の物を家捜ししてたという事件が報道され、住人が防犯カメラでしっかり撮影し、それを証拠に犯罪が立証されたというケースもある。

防犯カメラの役割は、犯罪の抑止と証拠の確保。このケースでは、証拠の確保として、効果を発揮したということですが、以前にも触れたが、最近の小型カメラは、物体の動きを感知して録画する動体検知機能があるものでも、低価格なものもあり、画質も悪くない。YouTubeなどの動画配信サイトでも、留守宅を伺う不審者の動画が結構ある。

こういう事件があったというだけよりも、映像として、犯人らしき人物が動き回る姿を観ると、よりリアル感があり、意外と身近なところに不審者がいるのかもしれない。

賃貸の場合、建物にキズを付けるというのは抵抗があるものだが、建物に穴を開けたり、ネジ止めしたりすることなく、簡単に取り付けられる鍵に、『URO電子工業 ICカード ドアロックシステム UROLOCK』がある。

これは、ICカードをかざして、鍵が開いたり閉じたりするもので、鍵穴もないため、鍵を開けて入る ピッキングの防止としても役に立つ。取り付けは、玄関ドアの内側に施錠する側を、そして、外側に本体とつながるアンテナ部分を出し、付属の工業用両面テープで貼り付けるだけ。工業用両面テープは、かなり頑丈で、簡単に外れるものではない。

さらに、不審者が、これを壊してドアを開けようとすると、大音量の警報が鳴る仕組みになっており、防犯効果は高い。それでいて、建物にキズを付けることなく、一人で取り付けられるのだから、便利なもの。ドアの側面が平らであれば、まず、問題なく取り付けられるはず。

この製品、玄関ドアだけではなく、室内のドアでも、ドアの側面が平らであれば、ほとんどのドアに問題なく取り付けられるという。

ドアの補助鍵としても、特に、工具を使うことなく、簡単に取り付けられ、優れた製品だと思うのだが、この製品、メーカーではすでに販売終了。つまり、現在、販売されている製品、在庫のみ。増設用のICカードも、もちろんあり、10枚まで登録できる。

 


nice!(130) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 玄関に工事不要で取付 防犯カメラ・テレビドアホン ブログトップ