So-net無料ブログ作成
検索選択
家の外で電気が使える 超薄型延長コード ブログトップ

ありそうでなかった 極薄延長コード 玄関ドアの隙間を通せる 平らで薄い電源コード、これで、簡単に外で電気が使える [家の外で電気が使える 超薄型延長コード]

最近は、防犯カメラの映像をSDカードに保存するもの、映像を無線で送信するものもあるため、映像関連で屋内にケーブルを引かなくても済むようになった。これだけでも、昔の防犯カメラを使った経験があれば、時代が変わったほど凄いが、残るは電源。

防犯カメラを取り付ける際に、大きな壁になるのが電源。防犯カメラ自体は、手軽にネットで変えるほど低価格になり、本体の取り付けは自分でもできるものの、据え置きの防犯カメラには、電源が必ず、必要になる。

防犯カメラの中には、単一の電池で動くものもあり、2,3ヶ月使えるものもあるが、消費電力を抑えるため、動画ではあるもののコマ数が少なく、省エネ仕様。防犯カメラとして、常に使うことを考えると、外でも使えるコンセントがいる。

以前、実家で屋外用コンセントの工事を業者に頼んだことがあり、1日で終わるのだが、費用は2万円ほど。取り付ける場所や建物の状態で違いがあるため、目安程度にしかならないが、このくらいはかかった。

この部分だけは、業者に頼まざるを得ないところと思っていたのだが、これが自分でも、どうにかなる製品があり、それが、『驚くほど薄い延長コード』。これは、普通の電源ケーブルが、厚さ4mmほどあるが、これは、0.9mmと1mm以下。ケーブルが、帯のようなもと考えると分かりやすい。



これを使えば、玄関ドアなどの隙間を使い、家の中のコンセントから電源ケーブルを延長、外でも電気が使えるようになる。目立たないようにするには、工夫が必要なものの、外に出した電源ケーブルに、防雨タイプの延長コードを使い、差し込む側に防水用プラグカバーを付ければ、完成。これまで、工事が必要だった外での電源が、自分でも出来る。

建物にある1mmほどの隙間は、大抵の玄関ドアなら上か下にあり、玄関ドア用の隙間テープがあることからも、隙間がありがちなのが分かる。窓では、フレームのみぞにしっかり入るようにできているため、このケーブルでも難しそうだ。

窓を通すフラットケーブルでは、アンテナケーブルはあり、『ソリッドケーブル』。これは、地デジなどの室外アンテナを外に取り付け、家の中にアンテナケーブルを引き込む際、壁に穴を開けないためのもの。

厚さが0.3mmでは、窓の隙間を通すことができ、電源ケーブルも、ここまで薄くなれば、外に取り付けた防犯カメラに最も近い窓が使え、より簡単になる。ただ、現時点で、そこまで細いものはない。

防犯カメラを固定する台には、ベランダなどのフレームを挟み込んで取り付けるものもあり、これらと、フラットケーブルを使えば、賃貸などで工事できない建物でも、防犯カメラの取り付けは可能になる。

この薄い延長コードは、他にも様々な活用法があり、車内の電源から、車のドアの上を通して、延長コードを伸ばすこともでき、もちろん、車のカギを閉めても問題ない。この他、ガラスケースの扉の下を通し、扉を閉めた状態で、中のものをライトなどで点灯させることもできる。

延長コードとしては、安いものではないが、できないことができ、これに代わるものもないため、価値はある。

   


nice!(363) 
共通テーマ:日記・雑感
家の外で電気が使える 超薄型延長コード ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。