So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

車とバイクの当て逃げされた体験 捕まえる証拠に!意外と低価格なドライブレコーダー ケイヨウ(KEIYO) AN-R003、ドライブマン、FHD-VC1080PBなど [自動車関連 当て逃げ、事故に ドライブレコーダー]

学生の頃などは、初めはバイクに、その後、車に乗っていたのだが、実は、どちらでも当て逃げされた経験がある。車に乗ってると、ちゃんと運転してれば、事故など起きないと思っているかもしれないが、相手があることだけにそうとも限らず、バイクのケースは事故のようなものだが、車は悪質なもの。

バイクは、250ccのホンダ CB250に乗っていて、信号が青になり曲がったところで、赤信号を直進してきた車の後部側面にハンドルが接触、引っかかりこちらが転倒。私の足の膝で、バイクの燃料タンクがヘッコミ、ステップも曲がり、相手の車は逃走。バイクは、何とか動いたため、その足でバイク屋へ修理に行ったのを覚えている。

バイク乗りらしい、そこそこの格好で乗っていたため、酷い怪我にはならず、転倒して滑った際に、顔を全面覆うフルフェイスのヘルメットが地面に当たる前に首を曲げて浮かせたため、首がちょっと痛いという程度で、足はバイクに挟まれたが、車体が軽く、捻挫程度で済んだ。

その後、乗った車では、夜に車を走らせていたところ、引っ越してきたばかりで道を知らなかったのもあるのだが、突然、車線が2車線から1車線になり、横を走る車の先を行こうとスピードを上げたところ、相手の車もスピードを上げ、こちらが先に車線に入ったのだが、相手は急ブレーキを踏んで減速。

腹が立ったらしく、私の車にピッタリくっ付いて走り始め、スピードを上げても、付いてくる。バックミラーで見てみると、柄の悪そうな中年が二人乗っており、若い連中でもない。そして、車線が2車線になり、後ろに付いていた車が、突然、私の車を追い抜き、こちらの車線に入り急ブレーキ。

私の車の前方で、突然、減速し、車にぶつかり、その衝撃で私は車を止めたところ、相手の車は逃げていった。相手の車は、完全に止まらずに急減速、こちらもブレーキを接触前に踏んだため、タイミングが良かったのか、こちらの車はバンパーにわずかにキズがあるだけで、凹んだり、壊れるほどでもなく、相手の車は後ろのバンパーがちょっと外れたようにずれたまま、走り去っていった。そのときの車は、トヨタのカローラ。

怖い体験だが、事故で言えば、見通しのいい直線道路で、こちらが追突したカタチになり、どちらに非があるかと言われれば、相手が突然、減速したことを証明できなければ、こちらが、100%悪いという結論になる。それで、被害もほとんどなく、当て逃げした連中と関わるのも、トラブルの元かと追わなかった。

Youtubeでも、当て逃げ動画がいくつもあり、下の動画では、3分30秒あたりで、前の車にぶつかり、逃げる姿が映っている。2つ目は、1分20秒あたりで、ぶつけられ逃げている。こちらが悪くなくても、相手の不注意で一方的に起こることが分かる。





こんなときに、あれば役に立つのが、ドライブレコーダー。数年前は、何万というのがほとんどだったのだが、物体が動くと撮影するような防犯カメラなどカメラモノがここ数年で大分値段が安くなっており、ドライブレコーダー自体も工夫され、大分、手が届く、買い易い機器になっている。

『ケイヨウ(KEIYO) ドライブレコーダー AN-R003』は、東京都港区にある慶洋エンジニアリングの製品。30万画素で撮影し、マイクロSDカードに記録し、最大SDHC32GBまで対応。録画された動画は、20秒で1ファイル。

車のシガーソケットから電源を取り、車のエンジンをかけると自動でドライブレコーダーの電源が入り、録画スタート。電源をオンオフする必要はなし。特徴としては、やや大きめではあるものの、低価格なのがポイント。

『Driveman720』などのドライブマンシリーズは、東京都品川区にあるアサヒリサーチのオリジナル製品。ドライブマンシリーズは、警視庁、大阪府警、埼玉、徳島県警などで採用され、ダカールラリーで日野チームスガワラも記録に使っているというもの。

『720』と『1080』があり、どれも、500万画素。720は解像度が1280x720のみ、1080は1920x1080と1280x720を選択でき、『720S』と『1080S』は、停車後に3時間録画する防犯機能がある。

他社との大きな違いは、どれもフレームレート(1秒あたりの画像数)が、毎秒 27.5コマになっており、これは、信号機の光がLEDの場合、毎秒 30コマだと動画に映らないことがあり、その対策として。

そして、どれもそうなのだが、録画される動画は、1つの動画というわけではなく、いくつかに分割されており、5分間で1つのファイル。その間、わずかに映らない状態があったりするが、これは、その映らない感覚が、わずか 0.05秒と極端に短い。

『Full HD 超高画質 常時録画型 ドライブレコーダー FHD-VC1080PB』は、東京都江東区にあるルートアール製。こちらも、常時録画タイプで、マイクロSDカードは、最大SDHC32GBまで対応。こちらも、録画ファイルは、5分間で1ファイル。

他との違いは、1万円前後で2.7インチのTFT液晶があり、しかも、ワイド画面で、Full HD H.264の1920x1080または1280x720で録画と画質がいい。

さらに、オーバーラップという機能があり、録画されたファイルは、分割した状態で、ファイルとファイルの間に映らない時間がわずかにあると先ほど書いたが、これは、どちらも2秒だけ多めに録画することができる。

ファイルの始め部分に、一つ前のファイルの終わり2秒部分が録画されており、映らない時間がないのが特徴。フレームレートは、毎秒30コマ。運転時の動画撮影に向いている。

『ドライブレコーダーAC1 ブラック AC1-8G-BK』は、韓国メーカーの日本法人 COWON JAPAN製。こちらは、200万画素のワイド画面対応、解像度は720pHD(1280x720)。

録画しっぱなしの常時録画、急ブレーキや急加速に反応し録画するイベント録画モードがあり、こちらもマイクロSDカードに録画し、最大32GBまでをサポート。フレームレートは、毎秒30コマ。録画ファイルは、1分間で1ファイル。

他にない特徴としては、常時電源ケーブルを別途取り付ければ、動体検知機能で、カメラに映る範囲で動きがあれば、30秒ほど録画する機能もある。

どれも、常時録画ができるタイプなのだが、衝撃で録画するタイプは、もしものときに録画されない可能性があり、常に録画するタイプに人気がある。いずれも、録画データがいっぱいになると、古い録画データから上書きするようになっている。

現在は、交通の便が比較的いいため、車には乗っていないのだが、もし、乗ることになったら、ドライブレコーダーを買わなければと思っている。

その前に、ドライブ好きの父が、結構な歳で。今度の誕生日にでも、ドライブレコーダーをプレゼントする予定。何かあってからでは、遅いので。

   


nice!(159) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 159