So-net無料ブログ作成

意外と手薄な玄関ドアの防犯 工事不要で取り付け簡単、外見は変わらない ワイヤレス玄関用補助鍵、ドアにキズも付けず、賃貸でも安心 [手薄な玄関用補助カギ 工事不要のワイヤレスカギ]

新築の家の話で、玄関に2つの鍵があるのだが、どちらも同じキーで開けられ、さらに、セキュリティシステムも注文したのだが、肝心の玄関には何もされておらず、大丈夫だろうかと。

普通、セキュリティシステムは、一軒家だと、1階部分の窓に取り付け、勝手に開いたり、強い振動があればアラームがなるというものが一般的なのだが、特別に注文しない限り、玄関には意外と何もないことが多い。

これは、玄関は人が常に出入りするということと、カギを掛けるところが2つあればという思いがあるのかもしれない。ただ、鍵穴が2つの玄関ドアと言っても、どちらも、同じカギで開くなら、はっきり言って、1つのカギとさほど変わらず、誰かが入ろうとしても、多少、時間が稼げる程度。

さらに、住宅メーカーからカギを渡れており、住宅メーカーは信用できても、その社員まで信用できるかというと疑問は残る。つまり、合鍵が作られればということで、スペアキーなどホームセンターで数百円で買えることを考えると、どこまで信用できるか。

それは、住宅メーカーの営業は特に、同じ業界ながら、他社を転々とするのも珍しくない。例えば、数年前に、A社にの営業だった人が、現在は、B社で営業というのもままある。そうなると、責任の重さが違ってくる。長くいるからこそ問題を起こせないという部分が、やや希薄になるんじゃないかという恐れがある。

この不安というのは、賃貸でも言えることで、賃貸マンションなどでは、必ず管理人が合鍵を持っているため、信用できる相手でなければ、知らないうちに、勝手に入ってということにもなり、ニュースでも、空き巣の犯人が管理人ということも報じられる話。

空き巣が、家に侵入する経路で、もっとも多いのも玄関で、正面から直接入る。そのため、この玄関を自分や家族以外は入れないようにするのが、防犯では大きな効果になる。さらに、工事が不要で、自分で簡単に取り付けられ、引越す際にも、取り外せれば、賃貸でも安心して使えていい。

この条件に合うものだと、『鍵穴の無いリモコンドアロックLOCKEY』と『サムストッパー 玄関電気補助錠 THS-2』などがあったのだが、最近では、スマートフォンをリモコンのカギ代わりに使う『セサミ スマートロック』、『Qrio Smart Lock (キュリオスマートロック) 』などがある。

これらに共通する特徴は、玄関ドアの内側に取り付ける玄関用の補助カギということ。そして、ワイヤレスリモコンやスマホでカギの開け閉めをするため、玄関の外側からは見えないため、内側に付けているのが分からないこと。

さらに、超強力な粘着テープで玄関ドアの内側に取り付けるため、玄関ドアや周りの壁に穴などを開けることなく使うことができ、賃貸でも安心して使える。

この2つのカギの違いは、『鍵穴の無いリモコンドアロックLOCKEY』は、内側のドアの上に取り付け、ドアが閉まった際に、ドア枠に取り付けた金属部分との間でカギがかかるというタイプ。

『サムストッパー 玄関電気補助錠 THS-2』は、カギを開け閉めする際のツマミの部分をロックするというもの。これは、玄関のカギを開くと、玄関ドアの内側のツマミがタテになり、カギを掛けるとヨコになり、このヨコのときに、カギが回せないように鉄のボーを下げ、回転しないように固定する、既存のカギに使うタイプ。

『サムストッパー 玄関電気補助錠 THS-2』を取り付ける場合、玄関ドアに直接取り付けられたカギなら問題ないのだが、玄関ドアのノブにカギ穴があり、それで施錠するのみのタイプだと使えない。また、カギが2つあるようなドアになると、使いやすさなどで状況が違ってくる。

これらに対して、『鍵穴の無いリモコンドアロックLOCKEY』は、大抵のドアに取り付けることができるのだが、開くドアが2枚、通常は片方のドアを使うが、もう片方もロックを外すと開くような、そんな大きい玄関ドアの場合、ロックする際に受け手になる金属を取り付けられないため、使えないこともある。

電池で動く、リモコン式のカギの場合、電池が切れたときに、家に入れなくなるんじゃないかと心配する方もいるのだが。電池切れが近づくとアラームで知らせたり、電池が切れると、カギが開いた状態で停止するものもある。そのため、電池が切れても、カギが掛からないだけで、入れない状態にはならないよう設計されている。

『サムストッパー 玄関電気補助錠 THS-2』と同じようなもので、スマホをカギ代わりに使えるのが、『セサミ スマートロック』、『Qrio Smart Lock (キュリオスマートロック) 』などなのだが。現在では、こちらの方が人気が高く。

スマホをカギ代わりに使うものでは、他のスマホもカギとして使えるようにもできるため、例えば、旅行中にペットのお世話をして欲しいなど、友人のスマホで出入りできるようにもできる。これが、これまでにない画期的なところ。

賃貸の場合、引っ越す際に、ちゃんと外せるかどうかが、大きなポイントになるのだが、粘着テープは、工業用のものなどで取り付けるため、一度、取り付けると簡単には剥がれないのだが、『住友スリーエムスコッチ シールはがし強力 Cleaner30 mini 』などのはがし液や『灯油』を染み込ませたり、シールが残る部分に染み込ませた布を当てラップで覆い、数時間や1日置けばキレイに取れる。

同じようにガソリンを使う人もいるのだが、家の中だけに、火災の原因にもなりかねないため、お勧めはできない。工業用アルコールは、ドラッグストアなどで店頭にはなくても、店員に聞けば出てくる。

    




nice!(388) 

nice! 388