So-net無料ブログ作成

無料アプリ タイマー予約で連続撮影 時間指定で撮影開始、動作で撮影する見守りモードで監視カメラ代わりにも [タイマー予約で撮影 カメラ・ビデオ アプリ]

『気づかれないカメラ』は、私が作成した無料 Androidアプリです。カメラアプリを作りながら、時間を指定して自動で連続撮影したり、何かが動いた時に撮影する 機能も加え、据え置きでも使えるカメラになりました。



この動画は、胸ポケットにスマートフォンを入れ、撮影タイミングを決めて、撮影したときのものです。現在では、下の3つのボタンが、4つに増え、白い部分も透明に作り変えています。

a004.jpg

これが、設定画面になります。撮影する時間帯、撮影タイミング、画像サイズ、画質、プレビュー表示のサイズ変更などがあります。

使っていて、面白いと感じたのが、友人と会話している姿を撮ること。スマホスタンドに立てて、ちょっと離れたところに置き、自動で連続撮影。横で誰かが見ているような自然な姿の写真が撮れるのですが、自分の話す姿が、かなり新鮮に感じられます。

窓際などに置き、外にカメラを向け、特定の時間に連続撮影すれば、今まで気づかなかったようなものが写っているかもしれません。防犯カメラの撮影動画と違い、画像なため、画像一覧のリスト表示でまとめてチェックできるのも、便利です。

新たに加えた機能が、『見守りモード』なのですが。機能としては、動体検知と似たようなもので、映像に変化があれば、撮影を開始、動いているものがなければ、停止するという仕組みです。

スリープ状態でも、機能するのですが、スマホのモニターに変化があれば、撮影を開始し、3枚の画像を連続で撮影。動き続けているものがあれば、このサイクルで撮影を続けます。

ただ、防犯カメラやトレイルカメラのように、瞬間的な撮影には向かず、1~2秒ほど撮影開始までに時間がかかることがあります。

感度についても、スマホ次第なところがあり、わずかな変化を検知できるものもあれば、画面の2割ほどの大きさで変化があれば検知できるものもあり、様々です。スマホのカメラ機能なため、近めのものに対して使うようなものになり、遠巻きに撮るのは厳しいです。

動作を確認するために、ドア周りが映るようにセットし、何度か出入りを繰り返したところ、このような状況では、撮影できました。留守中の部屋に誰かが入って来たかどうかを確認するという使い方なら、問題なさそうです。

ASUSのスマホなど、アプリの自動起動が設定できるものなら、スリープ状態でも撮影できるような仕組みになっています。ただ、自動起動の設定ができないものが多く、ほとんどのスマホでは、スリープ状態での撮影ができません。

しかも、ディスプレイなどで設定しているスマホの自動スリープ設定が、最長で30分というものもあり、自動スリープをOFFにする機能がないものもあります。

camera01.jpg

そこで、スマホ画面に映っているプレビューの明るさを5段階で調節し、一番下では、真っ暗に。

camera02.jpg

プレビューの大きさも、4段階で切り替え、最小では、タテヨコのサイズを通常の表示の40%まで下げられるようにしました。

自動スリープがOFFにできないスマホ向けに、このアプリを表示中は、自動スリープを解除する切り替えボタンも付けました。

防犯専用の機器ではないため、動作の俊敏さには欠けるところもあるのですが、その分、様々な機能を加えました。お役に立てれば幸いです。

無音シャッターで連続撮影・長時間のタイマー予約・SDカード保存可 気づかれないカメラ




nice!(538) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 538