So-net無料ブログ作成
タイマー予約で撮影 カメラ・ビデオ アプリ ブログトップ

無料アプリ タイマー予約で連続撮影 時間指定で撮影開始、動作で撮影する見守りモードで監視カメラ代わりにも [タイマー予約で撮影 カメラ・ビデオ アプリ]

『気づかれないカメラ』は、私が作成した無料 Androidアプリです。カメラアプリを作りながら、いろいろと手を加えているうちに、長時間タイマーで指定時間内に自動で撮影を開始したり、最近では、何かが動いた時などに撮影する 見守りモードを加え、防犯カメラやトレイルカメラに近い使い方もできそうなアプリになりました。



この動画は、胸ポケットにスマートフォンを入れ、何秒毎など撮影タイミングを決めて、撮影したときのものです。現在では、下の3つのボタンが、4つに増え、白い部分も透明に作り変えています。

a004.jpg

これが、設定画面になります。撮影する時間帯、撮影タイミング、画像サイズ、画質、保存先が設定できます。画像サイズは、スマートフォンのタテヨコ画面サイズで決まるため、機種ごとに違いがあります。

変わった使い方としては、勝手に撮影し続けるため、友人などと楽しく話している時に、設定して置いていると、横で誰かが見ているような自然な姿の写真が撮れます。

窓際などに置き、外にカメラを向ければ、監視目的でも利用でき、防犯カメラの撮影動画と違い、画像なため、画像一覧のリスト表示でまとめてチェックでき、見返す時の手間も少なく済みます。

新たに加えた機能が、『見守りモード』なのですが。機能としては、動体検知と似たようなもので、映像に変化があれば、撮影を開始、動いているものがなければ、停止するという仕組みです。

スリープ状態でも、機能するのですが、スマホのモニターに変化があれば、撮影を開始し、3枚の画像を連続で撮影。動き続けているものがあれば、このサイクルで撮影を続けます。

ただ、防犯カメラやトレイルカメラのように、瞬間的な撮影がまだできず、1~2秒ほど撮影開始までに時間がかかります。しかも、画面の2割ほどに変化があれば、撮影が始まるくらいの感度なため、遠くの動きを検知するのは、難しいです。

動作を確認するために、ドアの周りが映るようにセットし、何度か繰り返したのですが、このような状況では、問題なく撮影できました。留守中の部屋に誰かが入って来たかどうかを確認するという使い方なら、上手く利用できそうです。

オートフォーカスが、常に動いているため、何かがスマホへ近づくような状況では、撮影できる可能性は、高くなります。スマホの機種やメーカーにより、できるかどうかはあるのですが、スリープ状態で撮影できれば、動いているようには見えません。

Zenfoneシリーズの場合、自動起動マネージャーから許可することで、スリープ状態でのタイマー撮影が可能になるのですが、他のスマホでは、この設定がなかなか無く。OSが新しくなればなるほど、自動起動が難しくなっているように感じられます。

そこで、写真を撮る際に画面に表示される映像の明るさを切り替える機能を追加しました。スマホ自体は、起動したままになるのですが、映像が暗めや真っ暗にすることで、スリープ状態とまではいかないまでも、撮影が目立ち難くなりました。

防犯専用の機器ではないため、動作の俊敏さなどに差があります。その分、工夫しながら様々な機能を加えていまして、簡易的なものとしては、役に立つかもしれません。

無音シャッターで連続撮影・長時間のタイマー予約・SDカード保存可 気づかれないカメラ




nice!(537) 
共通テーマ:日記・雑感

無料アプリ 時間を指定してタイマー録画、ワンタッチ録画、周囲を気にせず、無音で録画する動画撮影アプリ [タイマー予約で撮影 カメラ・ビデオ アプリ]

『気づかれないカメラ』に続き、『気づかれないビデオカメラ』も、私が作成した無料 Androidアプリです。空き巣被害の経験もあり、防犯カメラのようなものを意識して、いくつかの機能を加えています。

録画ボタンを押した際に、音が流れず、無音で録画を開始。何時から何時までと時間を指定し録画する機能、何かが動いた際に1分間録画する 見守り機能、1分間や3分間などワンタッチで使えるタイマー録画ボタンもあります。

設定画面では、フレームレートや画質を調節できます。画質は、映像の綺麗さになり、高いほど映像が綺麗になり、その分、動画の容量が大きくなります。

フレームレート(fps)は、1秒間に何枚の画像が入るかになり、コマ数になります。この数が多いほど、早い動きが滑らかになりますが、その分、1枚、1枚の画像の画質は下がることになります。

60fpsまで設定できるようになっているのですが、映像の綺麗さと滑らかな動きのバランスを考えると、30fpsで画質を高めにするのが良さそうです。スマホやSDカードの空き容量と現在の撮影設定から、どのくらい録画できるかも表示しています。

もう少しなところとしては、スリープ状態での録画ができない点です。『気づかれないカメラ』では、スマホで自動起動の許可などができるものでは、スリープ状態での録画もできたのですが、今回の『気づかれないビデオカメラ』では、仕組みが違うため、スリープ状態での利用はできません。

そこで、少しでもアプリが動いていることが目立たないよう、消費電力を抑えるためにも、画面を暗くする機能を付けています。

録画する映像は、そのままに、画面の明るさだけ暗くするというものなのですが、暗くなる程度が、スマホにより異なります。何が映っているか分からないくらい暗くなるものもあれば、うっすらと暗くなる程度のものもあり、ここでも、メーカーや機種により、違いがあります。

動画撮影では、防犯カメラよりも、現在は、ドライブレコーダーの方が一般的です。動画を撮影するアプリなので、画面を横にすれば、ドライブレコーダー並みに広い範囲が撮影でき、映像も綺麗です。

車のダッシュボード、運転席の前の部分に数百円のスマホホルダーを付け、何度か車を運転しながら、動画を撮影したところでは、明るい昼間では、全く問題なく。ドライブレコーダーの何分毎に切った動画とも違い、長いドライブ動画ができます。

YouTubeなどの動画配信サイトにも、編集なしで投稿しやすくなればと思い、ボタン一つで録画するワンタッチタイマーボタンを後から付けました。

1分、3分、5分、10分、15分、30分があり、ボタンを押すと5秒のカウントダウン後に録画が開始。1分の場合、1分間だけ撮影します。

カメラアプリと違い、動画には、動画の楽しみ方がありそうです。

静かに録画、時間指定やワンタッチでタイマー録画 気づかれない ビデオカメラ


nice!(128) 
共通テーマ:日記・雑感
タイマー予約で撮影 カメラ・ビデオ アプリ ブログトップ